クイックアクセス >> ランキング >> 新機種発売日 >> Twitter >> アンケート >> メルマガ
各社の話題>> ドコモ au ソフトバンク イーモバイル ウィルコム UQ ディスニー 日本通信 MVNO

    【だれとでも定額】携帯への通話が500発信(1通話10分以内)まで月額980円ポッキリ!
ウィルコムストア

2008年05月20日 はてなブックマーク - 来月、ドコモは「ダイレクト割」導入へ。auは割賦販売を導入へ。
ランキング投票(励ましの1票を入れる)
今日の日経の記事「ドコモ、携帯主力機種5000円下げ――KDDIも割賦導入」によると
906iなど夏モデルの発表がある来月から、一部の人気機種を除く大半で「バリューコース」の
一括払いで購入の場合にインセンティブを積み増す形で「ダイレクト割」なる値下げを行う
ようです。905iシリーズで5000円ぐらい、705iシリーズで数千円ぐらい下げるようです。
またauは、夏モデルから割賦販売を導入するようです。

いずれもソフトバンクを意識した戦略のようですが、単純にドコモは「バリューコース」導入後
半年以上を経過したので、今までのような新機種が出る頃になると「1円端末」を登場させて
いましたが。それがやりにくくなったためだろうと思いますが、気になるのは、その下げる分の
金額はどこで埋め合わせるのでしょうか。やはり最新機種の値段が今までよりも上がると
いうことなんでしょうか。

割賦販売では以前よりもトータルでいくらなのかという実感が沸きにくくなっているので、
「ダイレクト割、バリューコース一括で5000円引き」となっても食い付きは悪い気がします。
単純に台数を稼いだり、在庫を一掃するのであれば、やはりソフトバンクの「スパボ一括」の
ような思い切りも必要だと思います。「スパボ一括」のような価格にまでする必要はないと
思いますが...。

auも事実上の買い替え促進策として、あえて割賦販売を取らなかったと言われていますが、
やはり「フルサポートコース」は既存ユーザーに受け入れられても、新規獲得では決め手を
欠いたのでしょうか。おそらく発表では「世間で割賦販売が認知されたため」なんてことを
導入理由に挙げるのでしょうけど、通話料金の値下げ競争も一段落し、初期費用を下げる
ぐらいしか新規獲得を増やす即効性はないとみたのでしょうか。



posted by メイさん at 11:03 | C(0) | TB(0) | ケータイ | Edit
コメント
コメントを書く
【ご注意】記事と直接関連する内容のみ、お受けいたします。
スパムや記事と直接関係ないと判断した場合、削除します。

※情報提供、要望、リンクやトラックバックの報告など、
個人的な内容はすべてメールでお願いします。詳しくはこちら

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
詳しくはこちら

トラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。