クイックアクセス >> ランキング >> 新機種発売日 >> Twitter >> アンケート >> メルマガ
各社の話題>> ドコモ au ソフトバンク イーモバイル ウィルコム UQ ディスニー 日本通信 MVNO

    【だれとでも定額】携帯への通話が500発信(1通話10分以内)まで月額980円ポッキリ!
ウィルコムストア

2007年10月28日 はてなブックマーク - ドコモの新販売方式で「高い」イメージの払拭はできるのか。
ランキング投票(励ましの1票を入れる)
ドコモの新販売方式のリリースを改めて読み返し、深読みしてみました。

905i発売前なので違った結果になるかもしれませんが、仮に905iが発売されても、今の
状況を打破するのは難しいと思います。確かに今の「1人負け」の状況を打破するには、
魅力ある端末が必要なことは事実ですが、ドコモが気にしている「高い」イメージの
払拭につながっていないことが、足を引っ張る気がします。

「DoCoMo2.0」と称して本来は903iSシリーズとして投入だった機種を904iと名称を変えて
投入しました。しかし、この流れが変わったかというと変わりませんでした。
変わらなかった一番の要因は、料金の値下げするスピードが遅かったことにあると思います。

そして今回の新販売方式の発表です。「バリューコース」として割賦販売方式を導入し、
基本料金を値下げすることは、分かりやすい方法だと思います。「ベーシックコース」は
今までのインセンティブ方式をそのまま継続させる一方で、端末にも2年間の年間契約を
結ぶこととなります。2年以内に解約などの場合、違約金である「解除料」が発生します。

問題だと感じたのは、料金プランです。混乱を防ぐためなのかもしれませんが、ドコモは
あえて、現行の料金プランに手を加えない選択をしました。「バリューコース」選択時に
1,680円引きなる料金プランを選択できるものの、割引サービスや通話料は変わらないため、
結果として、端末と回線と二重の2年契約が生じてきます。ドコモにとっては解約防止、
流出を阻止させることが正攻法だとは思いますが「通話エリア」や「品質」「サービス」だけに
満足して契約しているユーザーは全てではありません。世の中の流れとして、「安さ」も
問われています。

おそらくARPUを下げずに済む方法として、こういう結果になったのでしょうけど、
2年間、端末と回線の二重の年間契約までして「高い」イメージを払拭できたとは
思えないです。今回の「バリューコース」の中身を理解できれば、今以上に満足度は上がると
思います。905i以降、どういう広告を打ち、どういう売り方をするかは分かりませんが、
今回の仕組みを初めての人や興味のなかった人に訴えかけるものがあったかと言えば、
現時点ではあまりありません。それは「基本料金の値下げしかない」というイメージが
先行していくような気がします。現状を打開するには他社との対比広告とか思い切った
ことをしないと厳しい気もします。

ちなみに今回の二重の2年間契約、解約防止に効果はあるでしょうけど、それ以上に
ソフトバンクへの抵抗をしている気もします。おそらくソフトバンクが今後導入するで
あろう「他社乗り換え」キャンペーンです。導入阻止させる効果はあるでしょうけど、
それがユーザーのためなのか、疑問符を打つことになるかもしれませんが。


<関連記事>
各キャリアの販売方式(年間契約不要分)を比較してみました。
ソフトバンク、他社からの乗り換えキャンペーンを近々実施?



posted by メイさん at 17:52 | C(7) | TB(0) | ケータイ | Edit
コメント
2重の2年契約はベーシックコースだけですよ

バリューコースは、契約のみの2年契約です
(バリューコースなら、大量に買い増ししてもOKです)
Posted by 姫 at 2007年10月29日 00:46
姫さんへ>>私の言葉足らずなのか理解できていのか分かりませんが、
「バリューコース」で割賦が24回払い、「ひとりでも割50」を契約した場合などは
二重の2年間契約になりませんか?
Posted by メイ at 2007年10月29日 12:50
25回の月賦にすれば2重みたいなもんですけど
それにしちゃうとベーシックとあまり変わらないのです

別にドコモに縛られたくなければ、
カードの分割払いでもいいわけです(利息かかるけど)

ドコモの場合、新方式は買い方いろいろだけど
どうやってもドコモから借りた端末代返せば、
いつでも買い増しできるようになる
という点は、ほめるべきところだとおもうのです
Posted by 姫 at 2007年10月31日 02:25
姫さんへ>>金利や分割の回数はそれぞれの選択になりますし、まだ開始前なので
何とも言えませんが、私は24回払いが多くなるだろうなと思いました。

機種を半年とか1年周期で変えたい人にとっては、クレジットを使うことがいいのかも
しれませんが、この新販売方式が導入前の今でも、定価であっても端末代を払えば
使用期間に関係なく新たに買い増しをできるので(店によっては断られることも
あるようですが)、その点だけを考えると大差はないように思えます。ただ、基本料金が
安くなることはありませんでしたので、買い増しをしやすくなったとは言えると思います。
この点は褒めるべきところなのかもしれませんね。

その一方で、2年以上使う人も案外「バリューコース」の基本料金が安くなる特典で
流れると思うんです。それは、まだ携帯電話が高価なものと認識している人が多いと
思う点と、見せかけの値段は今までよりも、安くなる点ですね。もちろん、クレジットで
分割にする人もいるでしょうけれど、おそらくはショップで買う時に「金利手数料なしで、
毎月プラス2,000円ぐらいで済みますよ」「24回払いにされるのでしたら、2年間の
ご利用をお約束されますと基本料金も割引になります…」と案内されて、乗ってしまう
人が多いような気がするんです。独りよがりかもしれませんが。
Posted by メイ at 2007年10月31日 22:13
24回払いにするんだったら
あたしでもドコモの月賦にしますね
まぁ、いろんな分割払いの中でそれが安くなるからですけど

あと、ドコモ月賦の返済に
ドコモの加入者である必要性はないと思われます
(ウィルコムは月賦の途中で解約すするとき、一括返済のほかに
月賦だけ払い続ける選択肢があります)

いざとなれば、月賦の2重化もできそうですし(2台分の月賦を払う)

バリューでもベーシックでも結局、端末代は自分で払う構造なので
買い増しの自由度を考えるとバリューはよく考えられていると思います

PS、ドコモは、値下げを最初から800円で計算しているふしがあります
2年割引(MAX系)を逆算して1600円としたと見るほうが
数字的に自然です
Posted by 姫 at 2007年11月02日 02:27
私も、ここのサイトを利用させてもらってます。。
今回の月賦販売とベーシックは研究と言うよりも、実務なので良く考えてお客さんに勧める予定ですが・・・
見た目は確かに月賦のほうが良いと思います。
しかし!ドコモはあまり奨励金販売を支援していかない方向ですが、実際に買うことになるユーザーは見た目の安さを気にします。ベーシックの方ですと実売価格がまだ詳細は分かりませんが・・店頭での値引きにオプション加入などで左右され、販売台数を伸ばしたいお店などは1台あたりの値引きを大きくするとかしないとか。。。。差額が2万円以上あればベーシックのほうが特になるかも知れないですよね・・
12ヶ月でも解除料金は12×630円ですから。。
Posted by うー at 2007年11月08日 11:15
うーさんへ>>新販売方式開始前なんで、何とも言いがたいのですが、
ベーシックにせよバリューにせよ、それぞれメリット、デメリットがあります。
解除料もポイントの1つだと思います。

いずれにせよ、販売員の方が契約者の状況(年齢や使用状況)を今以上に理解しないと
トラブルになる可能性が高くなることは間違いないと思います。

現場は大変だと思いますが、頑張ってください。
Posted by メイ at 2007年11月08日 22:18
コメントを書く
【ご注意】記事と直接関連する内容のみ、お受けいたします。
スパムや記事と直接関係ないと判断した場合、削除します。

※情報提供、要望、リンクやトラックバックの報告など、
個人的な内容はすべてメールでお願いします。詳しくはこちら

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
詳しくはこちら

トラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。