クイックアクセス >> ランキング >> 新機種発売日 >> Twitter >> アンケート >> メルマガ
各社の話題>> ドコモ au ソフトバンク イーモバイル ウィルコム UQ ディスニー 日本通信 MVNO

    【だれとでも定額】携帯への通話が500発信(1通話10分以内)まで月額980円ポッキリ!
ウィルコムストア

2007年05月31日 はてなブックマーク - ドコモも販売方法を見直しへ。
ランキング投票(励ましの1票を入れる)
ソフトバンクが当初、混乱をきたした理由といえば、割賦販売。いわゆる分割販売ですが、
ドコモもその割賦販売を含め、販売方法を検討しているそうです。そして年末の905i
発売時期にも導入するようです。当初のソフトバンクのように混乱しなければいいですが...。

日経新聞の取材で明らかになった点は
・1台の端末を長く使い続ける人への通信料割引や、割賦方式での端末の割安販売を検討中
・2年間などの長期利用を前提に、通信料や各種サービス料の割引率を高くする
・海外でのM&Aについても、前向きに検討する
の3点です。

おそらくソフトバンクが割賦販売を導入した当時、混乱があったものの、現在では
比較的普及していることからだと思いますが、実際に割賦販売などが始まったとすると、
auへ波及するのも時間の問題かと思われます。そうなれば通話・通信料の値下げにつながり、
真のナンバーポータビリティが始まりそうですね。

自分は、年間契約のような回線の縛りに対しては本来の目的からずれ、違和感を
持っているので、インセンティブ制度の短所である即解約に対応するという本来の目的に
対して、端末で縛るという割賦販売には賛成ですが、長期割引の割引率を上げれば、本来は
解決できる要因も大いにあると思いますので、改定に期待といったところでしょうか。

失敗はしましたが、ソフトバンクの「ゴールドプラン」の11年超えた場合の長期割引率
70%は魅力的です。MNP転入でも契約年数を引き継げるようにもなっていますし。
その昔、J−PHONEが東名阪で導入していた「ロングウェイサポート」や「ずっと」と
長期割引の合わせ技も魅力的でしたね。



posted by メイさん at 08:28 | C(0) | TB(0) | ケータイ | Edit
コメント
コメントを書く
【ご注意】記事と直接関連する内容のみ、お受けいたします。
スパムや記事と直接関係ないと判断した場合、削除します。

※情報提供、要望、リンクやトラックバックの報告など、
個人的な内容はすべてメールでお願いします。詳しくはこちら

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
詳しくはこちら

トラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。