クイックアクセス >> ランキング >> 新機種発売日 >> Twitter >> アンケート >> メルマガ
各社の話題>> ドコモ au ソフトバンク イーモバイル ウィルコム UQ ディスニー 日本通信 MVNO

    【だれとでも定額】携帯への通話が500発信(1通話10分以内)まで月額980円ポッキリ!
ウィルコムストア

2006年11月16日 はてなブックマーク - 故障率77.1%は、ヒトゴトではない。
ランキング投票(励ましの1票を入れる)
Yahoo!ニュースを見て、またまたビックリ。

【中国】故障率なんと77.1%!新車の質低下鮮明

エッ。故障率77.1%って。

記事によると。

 品質向上促進団体の中国質量(品質)協会の調査によると、普通乗用車(セダン)について、
使用開始後2〜6カ月の新車の平均故障発生率が77.1%に達していたことが分かった。
100台当たりの故障発生回数も338回と、昨年の246回から92回増加。
表面化しつつある国内生産車の質の低下が、改めて具体的なデータで裏付けられた形となった。
外資系合弁を含む中国自動車メーカーは、品質問題への真剣な対応を待ったなしで
迫られているといえそうだ。


すごい勢いで車社会化している影響もあるだろうが、雑なだけなのだろうか。
さらに記事では
 
 生産現場の対応力を超える頻繁な新車種投入と、コスト削減優先の姿勢が主な原因
といわれる国内生産車の質の低下は、リコール急増などで既に表面化していた。
今回の調査結果は、これをさらに補強する有力なデータとなるのは間違いない。
 
 中国質量協会も、この調査結果を憂慮。
乗用車メーカーに対し、「今回のデータに注意を払うべきだ。
新車種投入サイクルの短期化と競争の激化が進む中、製品の質を軽視してはならない」
と警告を発している。


能力オーバーでコスト削減優先かー。

主に中国メーカーの車がワーストに並んでいるので、ホッとした反面。
中国メーカーだけで77.1%も故障率が出るとは考えにくいので
外資も含め改善する必要性が急務だろうと感じた一方、
日本での故障(リコール)はどうなっているのか気になって調べてみた。

[グラフ]年度別リコール届出件数.jpg

[グラフ]年度別リコール対象台数.jpg


三菱のリコール隠しが除いても
増えてきている。

年度・メーカー別リコール届出件数及び対象台数.jpg

これをグラフにすると

[グラフ]年度・メーカー別リコール届出件数.jpg

[グラフ]年度・メーカー別リコール対象台数.jpg

トヨタのリコールが増えてきている。

トヨタに限って言えば、リコール隠しとされた影響があるとはいえ
今年はもっと増えている。


トヨタが初めて北米(アメリカ・ケンタッキー州)に進出した時
品質を維持するために、製造ラインのスタッフ全員にラインのストップボタンを渡し、
「問題があれば、すぐに止める」
というのがトヨタ方式で有名になっただけに残念だ。

車だけでなく携帯など身近なモノ程、
安全が安心になっていると改めて感じるニュースが多いですね。

国土交通省自動車交通局安全部審査課「自動車のリコール・不具合情報」
http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/index.html



posted by メイさん at 12:00 | C(0) | TB(0) | ニュース | Edit
コメント
コメントを書く
【ご注意】記事と直接関連する内容のみ、お受けいたします。
スパムや記事と直接関係ないと判断した場合、削除します。

※情報提供、要望、リンクやトラックバックの報告など、
個人的な内容はすべてメールでお願いします。詳しくはこちら

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
詳しくはこちら

トラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。