クイックアクセス >> ランキング >> 新機種発売日 >> Twitter >> アンケート >> メルマガ
各社の話題>> ドコモ au ソフトバンク イーモバイル ウィルコム UQ ディスニー 日本通信 MVNO

    【だれとでも定額】携帯への通話が500発信(1通話10分以内)まで月額980円ポッキリ!
ウィルコムストア

2006年11月08日 はてなブックマーク - 続・佐呂間町の竜巻で気になること。
ランキング投票(励ましの1票を入れる)
北海道佐呂間町で起きた竜巻であれから調べてみました。

調べてみて疑問が出てきました。
自分1人では調べきれない(現地へ行かないと分からない)こともあり
報道ステーションにメールしてみました。

北海道佐呂間町の竜巻で報道されず気になっているところがあります。
ぜひ取材・報道して頂けないでしょうか。

@トンネル工事受注側である鹿島のHPから新佐呂間トンネル工事のページが消されている。
http://www.kajima.co.jp/site/index-j.html

AF2レベルの竜巻であるため、家屋が飛んでしまうことは不思議ではないが。
別の報道機関(TV)では「風対策がされていないプレハブ小屋だった」としていたが、過去に北海道でも台風でプレハブ小屋が潰れたりしていたのに、新佐呂間トンネルは2004年12月18日〜2008年3月18日までの長期間の工事予定でありながら、なぜ風対策を施していなかったのか。鹿島のHPから削除されていることを考慮すると、もしかして人災ではないのでしょうか。


補足しておくと。
新佐呂間トンネルは2004年12月18日〜2008年3月18日予定で建設中のトンネル。
完成すれば、北海道の国道トンネルとしては2番目に長い4,110m。


ということで放送に期待してみたいと思います。
って、他人事になってしまっていますが、現場に行かないと確かめられないことが多いので、
今回1人では調べきられませんでした。
ごめんなさい。



posted by メイさん at 23:20 | C(4) | TB(0) | 気象/地震/災害/防災 | Edit
コメント
削除された佐呂間トンネルのサイトは、竜巻発生直後にもライブカメラの映像が見たくてアクセスしました。
映像は映っていませんでしたが、工事関係者の氏名・年齢・顔写真と各人のコメントが掲載されていました。
工事の紹介サイトだから当然ですけど、全壊したプレハブに関する情報はなかったので、鹿島の隠蔽体質っていうのとは、ちょっと違うと思いますけど・・・。
亡くなったり、負傷したり、恐怖体験した人を心無い人達から守るために削除したんじゃないでしょうか?
生き残った人は「無事で良かったね」とか言われてもツライでしょうし。

一生住むつもりで建てた家屋が飛ぶ=天災
長期工事のためのプレハブが飛ぶ=人災
というメイさんの考え方に違和感を覚えました。
普通、仮設のプレハブより、一生物の家屋の方が頑丈に建てられるべきだと思うのですけど。

本来、プレハブに施される風対策って、どのような対策なのでしょうね?
他にもたくさんのプレハブが建てられているのですから、マスコミはもっと具体的に施されていなかった対策を説明すべきだと思うのですが。
Posted by 土木技術者志望 at 2006年11月11日 21:40
土木技術者志望さんへ>>

コメントありがとうございます。

これは私の意見ですので、もちろん異論はあるかと思いますが経緯を説明しますね。

「鹿島の隠蔽体質がそこにあるような気がする」と表記したのは、
新佐呂間トンネルのサイト全てを消す必要はないと感じたからです。
プライバシーもあるので、工事関係者のページを表示させないようにするのは分かりますけど。
鹿島側からすれば「被災者感情で全てを消した」というつもりでいても、
受けて側にとっては「何かマズイことがあったのでは」と取られても仕方がないと思います。
そのため「鹿島の隠蔽体質がそこにあるような気がする」と表記しました。


次に「プレハブが飛ぶ=人災」ですが。
まず誤解を与えてはいけないので、断っておきますが。
プレハブ工法を否定している訳ではないです。

一般論として、日本の家屋は風対策に重きをおいて作られていません。
風対策よりも、むしろ火事や地震対策が優先されています。
今回の佐呂間町のプレハブ小屋に関しては、確かNHKの情報だったと思います。
その中で、土台の杭を専門家が診て「風対策がされていない」と言っていました。
もちろん北海道なので、何らかの風対策をしていたとは思いますが、
疑問点が2点残ります。


@なぜ2階建てにする必要性があったのか

佐呂間町を含むオホーツク海側で竜巻が過去30年間観測されていなかったとはいえ、
台風や台風並みに発達した低気圧などによる暴風は考慮したはずであり
プレハブ小屋を2階建てにする必要性に疑問を感じました。
(竜巻が発生以前にも風に関する情報は札幌管区気象台から発表されていました)


Aなぜ土台と上物を頑丈に固定していなかったのか

言うまでもなく疑問です。


この2点が明らかにならない限り、天災なのか人災なのか断定はできませんが
少なくともAの方は、人災になり得る要素が強いと感じました。

その上で、鹿島のサイト削除との因果関係に疑問を感じ
「もしかして人災ではないのでしょうか」と表記しました。
断定している訳ではありません。


ちなみに「一生住むつもりで建てた家屋が飛ぶ=天災」とは書いてませんよ。


一番伝えたかったのは、なぜ報道しないのか?ということです。

長文失礼いたしました。
Posted by メイ at 2006年11月11日 23:26
メイさん、こんばんわ。
>ちなみに「一生住むつもりで建てた家屋が飛ぶ=天災」とは書いてませんよ。
そうですね。「家屋が飛んでしまうことは不思議ではないが。」ですね。ごめんなさい。

家屋が飛ぶなら、プレハブが飛んでも不思議じゃないと感じたので、何故プレハブだけ人災と疑うのかと・・・これが違和感の1つ。

@については、大きな工事は人も多いから2階建てプレハブが普通だと思っていました。北海道は広いから、1階建てプレハブが標準なのでしょうか?

A土台と上物を頑丈に固定していなかったというのは専門家の意見ですか?
「風対策がされていない」=「土台と上物を頑丈に固定していなかった」ということですか?

実は違和感2つ目は、プレハブの建て方に問題があるとしたら、プレハブを請け負った会社に問題があるのではないかということです。

メイさんが鹿島による人災では?と考えたのは、サイトが全て削除されていたからですか?
社員が亡くなっているのに公開サイトの情報の取捨選択を真っ先に検討する会社って、どうでしょう?
感じ方は人それぞれですが。

ただ、失礼ながら、メイさんはネット上でどれ程心無いことをする人が多いかをご存知ないのではないでしょうか。
既に「死んだヤツを知っている」「環境破壊をした天罰だ」など、ひどいカキコ見ました。
工事発注者や鹿島、故人の自宅に嫌がらせ電話をする人だっていたのかも・・・珍しい名前の人もいましたからネ。

それに、断定しなければ、憶測で何を書いても良いのかなぁ。
もし人災じゃなかったら、メイさんはブログで誹謗中傷したことになるのでは?
これも断定していない表現ですね。(笑)

私の周りには自分なりの意見をぶつけ合える人があまりいないので、メイさんの異見(誤変換ではないですよ)を読めてよかったです。

では。おやすみなさい。
Posted by 土木技術者志望 at 2006年11月12日 02:43
土木技術者志望さんへ>>

私が記憶するところでは、NHKに出ていた専門家が
「土台と上物を固定する金具がない」と言っていました。
もしかすると飛んでいったのかもしれません。
ですが、専門家が見たとのことですから信用のある情報だと思いました。

土木技術者志望さんがおっしゃられる通り、
プレハブ小屋を建てる側に問題があったのかもしれません。
しかし今回倒壊したのは事務所兼宿舎だったため、
鹿島を含むJV側が事前にチェックしていなかったのか疑問が残りました。

NHKでの報道と鹿島のサイトが消されていることを考えれば
浅はかかもしれませんが、疑問に感じたのは私だけではないと思います。

NHKの報道もあれ以降されていないので間違いだったのかもしれません。
私は疑問を投げかけたつもりです。
誹謗中傷と取られてしまうのは不本意ですが、もしそうであるならば、謝ります。

事件や事故があれば2chなどで実名を公開する輩がいるのも知っています。
被災者感情を無視するなと言っている訳では決してありません。
また工事関係者でも専門家でもありません。
それが最良の方法だったのか疑問が残ると問題提起したつもりです。


土木技術者志望さんの意見も伺えてよかったです。
Posted by メイ at 2006年11月12日 10:58
コメントを書く
【ご注意】記事と直接関連する内容のみ、お受けいたします。
スパムや記事と直接関係ないと判断した場合、削除します。

※情報提供、要望、リンクやトラックバックの報告など、
個人的な内容はすべてメールでお願いします。詳しくはこちら

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
詳しくはこちら

トラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。