クイックアクセス >> ランキング >> 新機種発売日 >> Twitter >> アンケート >> メルマガ
各社の話題>> ドコモ au ソフトバンク イーモバイル ウィルコム UQ ディスニー 日本通信 MVNO

    【だれとでも定額】携帯への通話が500発信(1通話10分以内)まで月額980円ポッキリ!
ウィルコムストア

2006年10月16日 はてなブックマーク - 九州のイジメ事件報道
ランキング投票(励ましの1票を入れる)
福岡県筑前町で起きた、イジメ事件。
テレビでは、相変わらず一方的に報道。
もちろん学校も悪いが、肝心な報道がなされていない部分がある。

それは、イジメの原因の原因
つまり、自殺する原因になった直接の原因は、報道されている通り
学校の問題ではあるが。


その原因はどこにあるのだろう。

家族の“不用意な”相談ではないだろうか。


現時点では、あえて“不用意な”としておく。
詳細が報道されないからだ。


ここを報道してくれ。


なぜ家族が学校に相談しなければいけなかったのか。
自殺した少年は、いったいどんなサイトを見ていたのか。
(※報道では、インターネットに関しての相談)

報道されないことを想像すると
アダルトなど「オトナの世界」か
いわゆる公序良俗に反しているサイトとか。
あるいは親が機械に疎く、PCを触っているだけでビックリしたのか。

いずれにせよ。
親に関する報道をしないのはおかしい。
ある種のメディアスクラムだ。

教育改革が騒がれる中、
学校だけに任せる教育でいいのだろうか。


話は変わるが。
私も小学生時代、イジメられていた。
今回同様、学校(担任)に間に入ってもらった。
イジメている相手に「あなたがやっているのはイジメ」と認識させることは重要だと思う。
しかし、これは根本的な解決にはなっていない。

イジメを克服するには、最終的にはイジメられている本人の努力次第なのだ。
それをフォローするのが、周りであって、
周りだけで解決できるものと勘違いしてはいないだろうか。

自殺した少年には、中学卒業するまで頑張って欲しかった。
親に助けを求めて欲しかった。
私がイジメを克服できたのは、小学校⇒中学校⇒高校と
進級時に頑張ったからだ。
心機一転を図れるタイミングこそ、克服できるチャンスである。


話を戻して。
では、本当の意味でのイジメ予防はできなかったのだろうか。
それは親とのコミュニケーションではないだろうか。

おそらく。
親が、息子のインターネットへの行動にビックリして相談…。
これが根本の原因ではなかったのだろうか。

もし親と普段から相談できる環境であれば…。
事件には、こうした背景があると思われる。

いずれにせよ。
背景をほとんど報道しない、今の報道には疑問が残る。
もちろん。学校や教育委員会の対応にも問題はあるのは言うまでもない。



PS:朝日新聞のサイトで「福岡県筑前町」で検索すると


ニワトリ大脱走


がHIT!

少しだけローカルな気分を味わえました。



posted by メイさん at 18:48 | C(0) | TB(0) | ニュース | Edit
コメント
コメントを書く
【ご注意】記事と直接関連する内容のみ、お受けいたします。
スパムや記事と直接関係ないと判断した場合、削除します。

※情報提供、要望、リンクやトラックバックの報告など、
個人的な内容はすべてメールでお願いします。詳しくはこちら

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
詳しくはこちら

トラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。