クイックアクセス >> ランキング >> 新機種発売日 >> Twitter >> アンケート >> メルマガ
各社の話題>> ドコモ au ソフトバンク イーモバイル ウィルコム UQ ディスニー 日本通信 MVNO

    【だれとでも定額】携帯への通話が500発信(1通話10分以内)まで月額980円ポッキリ!
ウィルコムストア

2010年03月30日 はてなブックマーク - au、IS01(SHI01)とIS02(TSI01)を発表。6月上旬以降発売。
ランキング投票(励ましの1票を入れる)
OSにAndroidを採用した「IS01(SHI01)」とWindows Mobileを採用した「IS02(TSI01)」を
6月上旬以降に発売すると、今日auが発表しました。(リリース

IS01(SHI01).jpg
(画像はリリースより)

「IS01」はスマートフォンならぬ“スマートブック”として売り出すようですが、液晶が5インチで
パンタグラフキー採用、Bluetoothやワンセグ、赤外線通信にも対応とスペック的にはまぁまぁ
なのですが、今までスマートフォンに本気で取り組んでこなかったauとは言え、このスタイルで
最初に勝負をかけるのはどうなんでしょうかねぇ。第2弾も予告していたようですが、最初が
コレならば、隠し玉なんてことをせずに、堂々と3機種発表すればよかったと思うのですが...。
ちなみに大きさは一般的な最近のケータイよりも一回り大きく、100g弱ぐらい重いです。

IS02(TSI01).jpg
(画像はリリースより)

一方で東芝は今まで通りのWindows Mobile機となっています。海外モデルの「K01」の国内向け
となっていますが、CPUがSnapdragonの1GHzなので、ドコモ向けのT-01AにQWERTY
キーボードの付いた感じでもう少しスペックが上と言えばイメージしやすいでしょうか。

世界最薄のスライド型QWERTYキーモデルということ以外は、特に目立ったところもなく、
オーソドックスなWindows Mobile機ですね。


また料金やキャンペーンも発表されています。
ISシリーズでウェブなどを行う場合は、月額315円の「IS NET」の申し込みが必須です。
9/30までにISシリーズを新規で契約すると2年間で最大2万6280円引きになる「ISデビュー割」
キャンペーンも発表されています。


JN-DK01.jpg
(画像はリリースより)

個人的には今回の発表で大々的に発表されなかったものの、シャープがAndroidのアプリ
開発者向けに「IS01」をベースにした専用端末を製品化したことの方が興味深いですねぇ。
つまり開発キットを売り出すということですが、Androidに本腰を入れ始めたとも取れるため
今後の動向が気になります。


<関連記事>
'10夏モデルの発売日を一覧表にしてみました。



posted by メイさん at 23:41 | C(0) | TB(0) | ケータイ | Edit
コメント
コメントを書く
【ご注意】記事と直接関連する内容のみ、お受けいたします。
スパムや記事と直接関係ないと判断した場合、削除します。

※情報提供、要望、リンクやトラックバックの報告など、
個人的な内容はすべてメールでお願いします。詳しくはこちら

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
詳しくはこちら

トラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。