クイックアクセス >> ランキング >> 新機種発売日 >> Twitter >> アンケート >> メルマガ
各社の話題>> ドコモ au ソフトバンク イーモバイル ウィルコム UQ ディスニー 日本通信 MVNO

    【だれとでも定額】携帯への通話が500発信(1通話10分以内)まで月額980円ポッキリ!
ウィルコムストア

2009年09月07日 はてなブックマーク - 純増数はソフトバンク、勢いはドコモ、MNPはau。
ランキング投票(励ましの1票を入れる)
TCAが先月末時点での加入者数を発表しました。(リリース

まとめた表です。
2009年08月度契約数プリペイド
契約数
ポストペイド
契約数
通信
モジュール
契約数
IP接続
サービス
加入数
MNP
転出入
ドコモ112,900-200113,1003,10042,300-9,800
au77,800-6,10083,9009,90080,1008,000
ソフトバンク115,100-17,500132,60048,20022,8002,000
イーモバイル61,1008,10053,000-100-200
ウィルコム-40,500-40,500



地域別順位です。
 北海道東北東京東海北陸関西中国四国九州沖縄
1位auドコモソフトバンクドコモドコモ
(auと同率1位)
ドコモドコモドコモドコモ
2位ドコモauドコモauau
(ドコモと同率1位)
ソフトバンクauauau
3位ソフトバンクソフトバンクauソフトバンクソフトバンクauソフトバンクソフトバンクソフトバンク
※ドコモ北陸とau北陸の増加数が同一なため、総加入者数順に並べています。



今回はソフトバンクが僅差ながらドコモから再び1位を奪い返しました。結果ではソフトバンク
ですが、内容はドコモの方がいいと見ることもできます。

ソフトバンクはプリペイドが前月よりも1万以上減るなど条件が悪くなる中、PhotoVision
それ以上に加入者を獲得するなど、マイナスを補う策が当たっています。しかし一方で東北が
マイナス、中国は0、北海道・北陸・四国も3桁の伸びと、都市部以外では獲れなくなってきて
います。

それとは対照的にドコモは地域に関係なく強くなってきました。内容は前月と大きく
変わらないため、安定していると言えます。



auは「指定通話定額」や「ダブル定額スーパーライト」を始めたこともあって注目していましたが、
やはり大きな効果はあったようです。特に加入者が前月と比べて約1万しか増えていない中、
EZweb加入者数が約5万伸びています。またMNP転入もソフトバンクを抜いて1位となりました。
このことから考えて、「指定通話定額」はMNPを含めた新規獲得に、「ダブル定額スーパー
ライト」は既存ユーザーのARPU向上に貢献たと見ていいのではないでしょうか。

イーモバイルはいつも通りマイペースなものの、徐々にポストペイド契約者数が減っているのが
気になります。ホテルチェーンやレンタカー会社経由で出張や旅行先での利用を想定した
レンタルサービスなど次の手を打っていることも事実ですが、それ以上にPCとのセット販売合戦が
ドコモやUQなどの本格参加により競争が激化し、勝ちにくくなっていると思われます。

例えば新幹線ではトンネル内などドコモが優位であったり、車内無線LANの登場など、今まで
イーモバイルが得意だったところを押さえられてきています。今後は21Mbpsエリアの拡大に
頼らず、端末価格の値下げや通信料金の値下げなどでも差別化を図らないと、この先も厳しい
のかもしれません。



ウィルコムは全国的に純減の嵐が吹き荒れています。特に都市部では“草刈場”寸前とも言える
状態に近付いています。確かにWILLCOM CORE 3Gは+9,700ですが、これはドコモにカウント
されてしまうため、結果に反映できないことが悲しいところですが。

一方で先日交代した新社長効果が少し出始めているような気がします。それは「新ウィルコム
定額プランS」や新スマートフォンの情報をいち早く流し、少しでも加入者離れを阻止しようと
いう意思が伺えます。今後の明るい材料としては、10月に本サービス開始予定の「WILLCOM
CORE XGP」だったり、開発中とされている「8x W-SIM」でしょうか。全国へ波及する時期が
分からない要素が大きいだけに当分は厳しい状況が続くと思います。

ウィルコムストア

停波関係です。
2009年08月前月比累計停波予定日残り今のペースがどうか
ドコモ
2G(PDC)
-254,8004,150,2002012年3月31日31ヶ月問題なし
ソフトバンク
2G(PDC)
-183,1001,200,3002010年3月31日7ヶ月問題なし

今回はソフトバンクの移行数急増したことにより、計算上では取りこぼさずに済むペースまで
戻しました。おそらくDMやSMSによる移行キャンペーン終了の案内が功を奏したと思われます。
実際には8月末までの移行キャンペーンが終了しただけで、今月からまた新しい移行キャン
ペーンが始まっています。その今月から始まった新キャンペーンは、2010年3月までの
ホワイトプランの基本料を無料化するというものですが、月月割から基本料を対象外になった
ことで、この移行キャンペーンに飛びつく人がどれだけいるかは未知数ですが...。

ドコモは少し前月よりも移行数が伸び、順調に減らしています。


<関連記事>
ドコモ好調、ソフトバンクの純増記録を止める。(2009年7月分)
ウィルコム、「新ウィルコム定額プランS」を12/1導入。
ウィルコム、新スマートフォンを2010年3月末までに投入へ。



posted by メイさん at 19:40 | C(0) | TB(0) | ケータイ | Edit
コメント
コメントを書く
【ご注意】記事と直接関連する内容のみ、お受けいたします。
スパムや記事と直接関係ないと判断した場合、削除します。

※情報提供、要望、リンクやトラックバックの報告など、
個人的な内容はすべてメールでお願いします。詳しくはこちら

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
詳しくはこちら

トラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。