クイックアクセス >> ランキング >> 新機種発売日 >> Twitter >> アンケート >> メルマガ
各社の話題>> ドコモ au ソフトバンク イーモバイル ウィルコム UQ ディスニー 日本通信 MVNO

    【だれとでも定額】携帯への通話が500発信(1通話10分以内)まで月額980円ポッキリ!
ウィルコムストア

2009年08月23日 はてなブックマーク - ドコモ、サムスンとソニーエリクソンからスマートフォンを調達へ。
ランキング投票(励ましの1票を入れる)
昨日の日経新聞「NTTドコモ、スマートフォン拡充 「グーグル携帯」など」によると、
ドコモは、サムスンとソニーエリクソンからスマートフォンを調達することができたようです。

記事によると
NTTドコモは携帯電話機世界第2位の韓国サムスン電子と同5位の英ソニー・エリクソンから
パソコンに近い性能を持つスマートフォン(高機能携帯電話)を調達する。現在は東芝など
4社から調達しているが、来年初めにも2社の製品を1機種ずつ発売する。

(中略)

サムスンから調達するのは、米マイクロソフトの携帯向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズ
モバイル」を搭載した機種。(一部抜粋)


ということで、サムスンからWindows Mobile機を、ソニーエリクソンからもAndroid機を
1機種ずつ、計2機種を来年初めに投入する予定のようです。

今回の日経新聞の報道ですが、今のところドコモからも否定するコメントが発表されていない
ので、おそらく間違いがないものだろうと思います。その上で背景を推測すると、ドコモは去年、
「来年中に10機種程度のスマートフォンを投入する」と山田社長が発言していたので、ノキアが
撤退した現在では、新たな供給元が欲しかったと思います。

サムスンはソフトバンクのみへの供給でしたが、今年は音声端末よりも930SCや931SCのような
スマートフォンに近いOMNIAシリーズを日本市場に投入してきました。日本市場向けに独自
OSを採用したり、赤外線ポートを新たに設けるなど、並大抵の力の入れようではないことは
分かりますが、同時にコストを抑える上では1社供給よりも2社供給の方がメリットがあると
判断したと思います。とは言え、音声端末は当分の間はソフトバンクだけだと思いますが。

ソニーエリクソンは、ドコモからの撤退報道を否定したまま、事実上の撤退とも取れる動きを
してきましたが、ドコモの山田社長が去年の秋冬モデル発表会で口を濁した感じで発言していた
ように、「海外モデルのスマートフォン」が現実化したというところでしょうか。今までの一連の
動きを見ていると「何とか調達できた」といった感じもしますね。

ところで、今年の秋冬モデル発表を前に気になるのが、去年9月の山田社長の「来年中に10機種
程度のスマートフォンを投入する」発言です。ノキアが撤退したことで実現は難しくなって
きました。去年の秋冬モデル以降で発売されたスマートフォンと呼べるのは「BlackBerry Bold」
「HT-01A」「HT-02A」「HT-03A」「SH-04A」「T-01A」の6機種です。PROシリーズ全機種と
すると、ここに「SH-07A」が加わりますが、それでも7機種です。この秋冬モデルで何機種の
スマートフォンが発表されるかは分かりませんが、本来であれば夏モデルまでに10機種前後と
考えるのが自然ですので、端末調達に苦労している結果なのかもしれませんね。


<関連記事>
'09秋冬モデルの発売日を一覧表にしてみました。
ドコモ、来年中にスマートフォンを10機種程度発売へ。
ソニーエリクソン、ドコモへの供給は海外モデルで継続か。



posted by メイさん at 11:12 | C(0) | TB(0) | ケータイ | Edit
コメント
コメントを書く
【ご注意】記事と直接関連する内容のみ、お受けいたします。
スパムや記事と直接関係ないと判断した場合、削除します。

※情報提供、要望、リンクやトラックバックの報告など、
個人的な内容はすべてメールでお願いします。詳しくはこちら

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
詳しくはこちら

トラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。