クイックアクセス >> ランキング >> 新機種発売日 >> Twitter >> アンケート >> メルマガ
各社の話題>> ドコモ au ソフトバンク イーモバイル ウィルコム UQ ディスニー 日本通信 MVNO

    【だれとでも定額】携帯への通話が500発信(1通話10分以内)まで月額980円ポッキリ!
ウィルコムストア

2008年09月27日 はてなブックマーク - ウィルコム、百度と提携し中国人観光客に端末をレンタルへ。
ランキング投票(励ましの1票を入れる)
今朝の日経新聞が「ウィルコム、中国の検索最大手の百度と提携 訪日旅行者に端末」と
報じています。

まとめると

・日本に来ている中国人観光客(富裕層)をターゲット
・1週間5,000円前後でウィルコムのPHS端末を貸す(通話料・情報料別)【紙面より】
・サービス開始は11月〜を予定
・レンタル窓口は、成田空港から順次拡大を予定【紙面より】
・観光スポットやショッピング情報をオペレーターが案内する(コールセンター)
・コールセンターはウィルコムと百度が共同運営し、中国人選任スタッフを常駐させる
・来年以降に専用サイトの開設やクーポンの配信をする【紙面より】
・ウィルコムと百度とで両ブランドの専用端末を開発する【紙面より】
・初年度の目標は3万人【紙面より】

とかなり詳しく出ています。これに対してのウィルコムから否定するコメントも発表されて
いませんので、確かな情報だと思います。ウィルコムにとっても、おいしい話ですね。

気になるのが、どの機種をレンタルに割り振るのかですが、中国のPHSは通話とメールのみ
なので、「X PLATE」や「nico.」「nico+」あたりが有力かと思いますが、「X PLATE」だと、
PIMカードを挿すと北京や上海でも使えてしまうため、日本国内で使ってもらうだけなら「nico.」
「nico+」の可能性が高いと思います。もしくは専用サイト開設を待たないなら「」「9+」
WILLCOM 9」の可能性もあると思います。

ここからは深読みですが、正式なリリースは来月に入ってから、中国連合通信と3社共同で
発表されるのではないでしょうか。いくら百度とウィルコムの提携とは言っても、政治的要素は
入ってくるかと思います。確か10/1に、現在PHS(小霊通)を運営している中国網通を含めた
携帯電話事業の再編があります。中国網通は合併し、新しい中国連合通信(中国聯合通信)に
変わるので、10月ではなく11月にサービスが開始されるような気がします。

また、探し足りずかもしれませんが、以前W-SIMを中国でも採用すると発表していましたが、
どうもまだW-SIMジャケットが登場していないようです。理想は中国のW-SIMジャケットに
ウィルコムのW-SIMを挿すことだと思うのですが、そういう意味でも新しい中国連合通信が
絡んできそうな気がします。



posted by メイさん at 20:02 | C(0) | TB(0) | ケータイ | Edit
コメント
コメントを書く
【ご注意】記事と直接関連する内容のみ、お受けいたします。
スパムや記事と直接関係ないと判断した場合、削除します。

※情報提供、要望、リンクやトラックバックの報告など、
個人的な内容はすべてメールでお願いします。詳しくはこちら

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
詳しくはこちら

トラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。